嵐のjaponismは2015年売り上げ年間1位を獲得できるか?

嵐のオリジナルアルバム、japonism(ジャポニズム)がとうとう発売されましたね。年末にかけて全国ツアーもありますし、嵐の動きが活発化してきました。さて、歌手の人気度を測る指標として、1つにCDの売り上げと言うものがあります。嵐のシングル、アルバムはいつも売り上げが好調なのですが、今回のjaponismは2015年の年間1位の座を獲得することができるのでしょうか?

[ad#ad3]

1 2015/10/24時点のアルバム売上トップ10

1位 85.7 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE:PLANET SEVEN : 発売日01/28
2位 78.0 AKB48 :ここがロドスだ、ここで跳べ!: 発売日1/21
3位 77.8 DREAMS COME TRUE:DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム :発売日07/07
4位 57.2 Mr.Children:REFLECTION :発売日6/4
5位 53.1 サザンオールスターズ  :葡萄 :発売日3/31
6位 47.9 SEKAI NO OWRI :Tree :  発売日1/14
7位 33.4 Kis-My-Ft2 : KIS-MY-WORLD :発売日7/1
8位 30.7 乃木坂46:透明な色 :発売日1/7
9位 29.4 B’z:EPIC DAY :発売日3/4
10位 27.9 EXILE: 19 -Road to AMAZING WORLD:発売日3/25

いかがでしたか?第1位、2位はいけいけの三代目 J Soul Brothers、AKB48ですね。AKB48は去年アルバムで年間1位を獲得しています。売り上げをみていくと、3位以上は70万を超えるセールスとなっています。近頃はミリオン作品の方が珍しくなってしまいました。japonismもミリオンまでセールスをのばせると首位確実とみていいでしょう。

2 前作との比較

2014年に発売したTHE DIGITALIANは、約78万枚の売り上げで、年間ランキングは3位でした。1位はAKB48の次の足跡がミリオンセラー、2位はアナ雪でこちらもミリオンに近い売り上げとなっています。2015年に年間1位を獲得するには前作以上の売り上げが必要となります。

では嵐の過去の作品の売上げと年間ランキングを見ていきます。

2009年 All the best !1999-2009  143.2万枚 年間1位

2010年 僕の見ている風景 105.3万枚 年間1位

2011年  Beautiful World  90.7万枚 年間1位

2012年 Popcorn 84.7万枚 年間4位

2013年 LOVE 79.6万枚 年間1位

2014年  THE DIGITALIAN 78.4万枚 年間3位

改めてみると、やばいですね(苦笑)過去6年で4回年間1位です。もうオリコンは嵐のためにあるのか…と思う程です。ただし今年はpopcorn以上の売り上げが必要になります。できればBeautiful worldくらいの売り上げがあれば年間1位は確定でしょう。

3 前作の推移(1週目)

2014年 THE DIGITALIAN  年間3位
1日目 33.7万枚
初動 66.0万枚
最終 78.4万枚

2013年 LOVE 年間1位
1日目 32.8万枚
初動 67.0万枚
最終 79.6万枚

2012年 Popcorn 年間4位
1日目 30.2万枚
初動 70.1万枚
最終 84.7万枚

2011年 Beautiful World 年間1位
1日目 27.0万枚
初動 63.1万枚
最終 90.7万枚

2010年 僕の見ている風景 年間1位
1日目 27.5万枚
初動 73.1万枚
最終 105.3万枚

となっています。ここ3年間はだいたい初動+10万~15万位の売り上げになることが予想されます。そうすると90万枚に届くには初動で75万枚程度の売り上げ必要になってきます。

[ad#ad2]

4 japonismの推移

では今回の作品であるjaponismの推移はどのようになっているのでしょうか?

1日目 41.3万枚
2日目 15.5万枚
3日目 10.3万枚

3日ですでに、67万枚オーバーです。最近の作品では3日目には10万枚を切り、だいたい6~7万枚の推移をとっているので、japonismの売上が好調であることが分かります。もうこの時点でpopcorn超えは確定ですから、年間1位獲得の確立がぐーーーんと伸びました。

5 ライバルの出現は?

さて、現在のランキング上では1位になることが濃厚ですが、年内にライバルが出現するかが気になります。

調べてみると11月にAKB48が初のベストアルバムを発売する予定となっています。通常のアーティストであれば、ベストアルバムが最も売れる作品になります。シングルに比べるとアルバムの売上はそこまで強くないのですが、ベスト盤で複数商法&握手券つきですから、今回も売り上げをのばしそうですね…。でも逆にオリジナルアルバムで勝ったらすごいです。

売上ランキングの意義もよく分からなくなってきましたが、ここは嵐に踏ん張ってほしいところです。

11/5 追記

第1週目は82万枚、第2週目は5万6000枚でしたね。嵐も初動型にシフトしている感じがしますね。ただここ最近の嵐のアルバムで最高の売上です。ミリオンに届く可能性もありますが、年内は厳しいでしょうか。またAKB48のベストアルバム0と1の間の発売が2週遅れることになりました。第1週目の売上が嵐と同等なら、嵐に軍配があがるでしょう。

11/18 追記

現在のjaponismの売上は93.1万枚まで伸びています。AKB48の0と1の間の初日の売上は約57万枚でしたね。japonismよりリードしていますが、2日目で10万枚切ってしまったら、japonismの年間1位はほぼ確定とみていいでしょう。

11/20 追記

0と1の間の2日目は、何と2.1万枚でした。年間5位に入りましたが、到底嵐には及びませんでした。これで嵐の年間1位は決定的になりました。

参照 AKB48のベスト0と1の間の売上は嵐のjaponismを抜けるのか?

[ad#ad1]

 

コメントを残す

このページの先頭へ