ミスチルライブ2017の予定とチケットを確実に手に入れる方法

ミスチルが2017年も精力的に活動しそうですね。

11月21日に神奈川県鎌倉ホールで2016ツアー虹を終了したのですが、同日に2017年1月11日にシングルでヒカリノアトリエを、更に2017ヒカリノアトリエツアーを発表しました。

2年連続でホールのライブをやるなんて驚きです。

この記事ではミスチルライブ2017の予定とチケットを確実に手に入れる方法について書いていきたいと思っています。

チケットを手に入れるのは今からでは手遅れ!?

さて、是が非にでもライブのチケットを手に入れたい所ではありますが、ミスチルのホールツアーはものすごく倍率が高いことで有名です。

ファンクラブの会員でも手に入れることが難しいです。今回のツアーの予定と、会場のキャパシティについてみていきましょう。

2017年3月4日(土) 東京オリンパスホール八王子 2021席

2017年3月8日(水) 広島広島文化学園HBGホール 2001席

2017年3月10日(金) 福岡福岡サンパレス 2316席

2017年3月16日(木) 愛知名古屋国際会議場センチュリーホール 3000席

2017年3月18日(土) 三重三重県文化会館大ホール 1903席

2017年3月22日(水) 23日(木)東京NHKホール 3601席

2017年3月30日(木) 長崎長崎ブリックホール 2002席

2017年4月1日(土) 鹿児島鹿児島市民文化ホール 1990席

2017年4月7日(金) 石川金沢歌劇座 1919席

2017年4月8日(土) 富山オーバード・ホール 2200席

2017年4月13日(木) 和歌山和歌山県民文化会館 2000席

2017年4月15日(土) 京都ロームシアター京都 2000席

2017年4月20日(木) 東京東京国際フォーラム ホール A 5012席

だいたい2000席~3000席程度の規模であることが分かります。アリーナライブツアーでも5000~10000席はあることが多いので、いかに席数が少ないかが分かります。

この全部の席数を合計しても33565席(NHKホールは2日分で計算)しかありませんから、日産スタジアムで開催すると1日で70000人ですから、どれだけ希少価値の高いライブであるかが分かります。

正直、ファンクラブ会員でもチケット入手が絶望的ですから、一般で当選したら本当に奇跡と言えるでしょう。

狙いは追加公演

もう今からこの2017ライブのチケットを入手するのははっきり言って難しいです。

ですので予定を先読みしてチケットをゲットしましょう。

予定の先読みと言うのは、これから追加で発表されるであろうライブを狙うという事です。

おそらくですが、追加公演は必ずあります。パターンとしては以下のものが考えられます。

① 5月から追加ホール+9月からドームライブツアー

② 5月から追加ホール+7月からスタジアムライブツアー

③ 夏から追加スタジアムライブツアー

④ 夏から追加ドームライブツアー

この4パターンのどれかになると思われます。

個人的には①あたりが有力かと思われます。ホールライブの開催地が少しアンバランスな気がします。

大阪や宮城、北海道が含まれていないのは少々不自然な気もしますので、ホールライブについて

ですのでライブ2017の予定が発表される前に今すぐファンクラブへ入会して、予定公演のチケットを狙うのです。

予定が発表されてしまってからでは、ファンクラブへ入会しても、そのライブの先行予約権は与えられません。予定が発表されてからでは遅いのです。

ファンクラブ入会方法は?

こちらのホームページからネットで申し込みが出来ます。

年会費は3000円で会報が年に数回送られてくるのと、会員限定のラジオが聞けるようになっています。

絶対にライブに行きたいならファンクラブへの入会は必須です。スタジアムやドーム規模であればかなりの高確率で当選します。

あと、前回のライブから転売対策が厳しくなっています。ミスチルヒカリノアトリエツアーはチケット転売が不可能に!?

正規に購入する以外方法がなくなってきましたので、絶対に行きたい方は今からの入会をおすすめします。

ライブ2017の詳しい日程などについては、ミスチルヒカリノアトリエツアーのチケット発売日と追加公演予想!をご覧ください。

コメントを残す

このページの先頭へ