午前中と言うのになぜ午後中とは言わないのか調べてみた。

今日妻と話していて、ふとこんな会話になりました。

妻 「午前中に会いましょうとは言うのに、何で午後中に会いましょうとは言わないの?」

私 「そう言えばそうだね…分からん」

何で午前中とは言うのに午後中とは言わないのでしょうか?確かに不思議に思います。この話をしてから、何か胸につかえる気持ちがあり、そわそわしてきてしまったので少し調べてみました。思わず納得です。

[ad#ad3]

理由1 中と言う字の性質

中と言う時の意味は~をしている最中と言う意味もありますが、別に、そのときいっぱいという意味があります。午後いっぱいと表現する時は、日中にと言う形に置き換えられますね。

まず、今日中にという概念があって、そこからだんだん限定的になっていくのです。

今日中だけでも、午前中に、

今日中だけども、日中に、

今日中にだけどとも夜中

にといった具合に狭まっていきます。

今日のなか、さらに、いつなのか?といった感じで、表現されています。

しかしこれだけでは午後中にと言わない理由にはなっていません。

理由2 時間的性質

午後中にと言わない理由でもう1つ大事になるのが、時間的性質です。

中と言う言葉はそのときいっぱいという意味を持つことからも、必ず終わりが明確になっています。

レポートの締め切りは今日中に!と言われると、学校や仕事などでは、その活動時間の終わりを指したり、また家で出来るものであれば、2359分を指したりと、対象となる活動の状況によって時間が変ります。しかし終わりが明確になっていますよね。

[ad#ad2]

日中というと陽が最も出ている時間帯を指します。必然的に昼過ぎになることが多いです。

午前の終わりというのは正午1200を指すことが一般的で、それ以降午前と言うことはまずありませんよね。

夜中の場合だとまだ午前中とはニュアンスが変ってきます。夜中の場合の中は、そのときいっぱいではなく、真っ只中といった意味合いで使われます。ですので、深夜の時間帯を指していることがほとんどです。

では午後に終わりが明確なのか?と言うと、これは終わりが明確ではないのです。午後真っ只中という意味で使うとしても、非常に曖昧になるので、日中という表現が多く使われます。

午前中と午後のまとめ

いかがでしたか?調べてみると、へーと思わずうなってしまうことがたくさんありました。様々な捉え方がありましたが、~中と言うのは、

1、 中には真っ只中とそのときいっぱいという表現がある。

2、 そのため、終わりが明確な時間帯、もしくはピークが明確な時間帯に用いられる。

3、 午後は終わりも明確でなければ、ピークも人によって大きく異なるため、午後中とは使われない。

と結論付けることができました。

[ad#ad1]

コメントを残す

このページの先頭へ